「ウド・エルゴ研究所」は人間工学にもとづいて他企業様のご依頼により共同で開発を行っております。

お問い合わせ

メニュー
ご挨拶

Greeting


ウド・エルゴ研究所
代表 宇土 博 博士

Art & Science

私の専門分野は、産業保健です。産業保健は、働く人が職場や家庭で健康に生活できるように作業環境や生活環境を改善し、生涯現役で活躍できるように支援する学問です。そして、人間工学は、環境を変える科学・技術の体系であり、産業保健活動の柱となるものです。
1976年からスーパーのチェッカーの頚腕障害の健診に携わり、その患者さんの治療のために1979年に職業病外来・友和クリニック開設しました。そして、1991年に腱鞘炎の患者の方の要望に応えて、人間工学を応用した腱鞘炎予防のボールペンDr. Gripを開発しました。Dr. Gripは、健康を考えた世界初のボールペンで、世界的なヒットになり、筆記具のグリップの形状を変える大きなインパクトになりました。これが契機になり、2001年に人間工学製品を研究・開発するウド・エルゴ研究所を設立しました。
これまで、ウド・エルゴ研究所は、多くの企業と共同して腰痛予防ベルト・リリーフ、肩こり予防のパソコン用のアームレストDr. Click、腰痛予防の自動座面傾動椅子コクヨDr. Chair、腱鞘炎予防の園芸用鋏 Dr. Cut、寝返り促進の敷き具・Dr. Moveなどの人間工学製品を開発してきました。
人間工学は、支援機器の開発を通して、働く人の<職場と家庭>の生活革命を引き起こすArt & Scienceであり、これを駆使することにより、日本の産業を活性化し、Happyな社会を実現することができます。

そして、働く人が生涯、健康で楽しく働き続ける環境を整えることで、超高齢化社会の抱える労働人口の減少など多くの問題も解決可能です。
ウド・エルゴ研究所は、今後も、企業、研究機関および個人の皆様と連携して、人間工学を応用した新製品の開発に取り組んでまいります。当研究所では、人間工学を応用した、商品開発にも応えることが可能です。皆様の相談をお待ちしています。お気軽にご相談ください。

略 歴

1979年
広島大学医学部大学院卒業。職業性頸肩腕障害の研究で医学博士。
1994年
カンザス州立大学・経営工学科人間工学教室に留学、同大学客員講師就任。
2000年
広島文教女子大教授就任、産業保健、福祉工学専攻。
2001年
広島大学医学部臨床教授。
2011年
日本新経絡医学会長。
友和クリニック
職業病外来で腰痛・頸肩腕障害、アスベスト塵肺、発達障害などの治療に携わる。
介護施設の腰痛予防やみかん農家の腱鞘炎予防などの人間工学的対策を指導。
有限会社ウド・エルゴ研究所
産業保健対策として、腱鞘炎予防のDr.Gripボールペン、腰痛予防ベルト、VDT用アームレストなど多くの開発に携わる。


全製品ラインアップ

  • Dr.Grip
  • Dr.Move
  • Dr.Cut
  • Dr.Click
  • コクヨDr.Chair
  • 楽腰帯Relief(リリーフ)