「ウド・エルゴ研究所」は人間工学にもとづいて他企業様のご依頼により共同で開発を行っております。

お問い合わせ

メニュー
ワークデザインプロセミナー

Work Design Professinal Seminar

人間工学を駆使し、人間の理解、発想の仕方から試作品の研究開発、更に特許取得まで、余すところなくすべてを伝授し、次の開発者・サービスを創るためのセミナーを開催!

平成26年から始まった人間工学セミナーです。アメリカで最も普及している人間工学のテキストWork Design(ワークデザイン)をテキストにしたセミナーです。企業の経営者、従業員、研究者を対象にしています。
人間工学を駆使し、人間(顧客・ユーザ)の理解、発想の仕方から、試作品の研究開発、さらに特許の取得まで、余すことなく全てを伝授し、次の時代の開発者・サービスを創るためのセミナー&ワークショップを開催しています。
これまでのセミナーでは、ワークショップで5つの新しい開発が提案され、実行に移されました。また職場の改善対策が具体的に検討され、明確な改善の方向が示されました。参加者の反応は、セミナーの熱い議論で深い製品開発の視点を獲得でき、新しい開発や対策ができると好評です。新たな製品の開発を検討されている企業は是非参加ください。参加者の要望に応え、各企業の製品のアイデアをブラッシュアップし、これまでにない画期的な製品化を支援できます。

セミナースケジュール

日程(予定) 前半:講義
7/28(木) ■概論
人間工学とはなにか?(歴史、領域、有効性)
8/25(木) ■特製
解剖学的特性(寸法)生理的特性(筋骨各系、感覚器、循環器、臓器)心理的特性(自律神経、脳機能、色の特性)
9/29(木) ■姿勢と人間工学
さまざまな姿勢と人間工学的対策(立位、座位、歩行、中腰、etc.)
10/20(木) ■ワークステーションの人間工学
さまざまな作業環境と人間工学的対策(製造現場、VDT、介護、医療、ごみ処理、交通、農業、etc.)
11/24(木) ■事例の紹介
12/15(木) ■特許戦略、助成金、企業との共同開発について特許の概要と取得方法、助成金の取得方法、共同開発契約の流れ役割分担を学ぶ
1/26(木) ■消費者ニーズの深堀り、販売店感覚の考え方
2/16(木) ■ワークショップ
2/23(木) ■ワークショップ
後半:ワークショップ
各自の課題や新商品のアイデアを持ち寄り、メンバー講師、マーケッターから意見をもらい、ブラッシュアップして、商品化の検討を行います。

最終的には、人間工学の視点から創造性のあるユニークな商品を生み出す考え方や手法を獲得し、実際の商品開発に向けて、知財申請、コラボレーションを可能とすることを目指します。

商品化を見据えた実践的なワークショップであるため、ワークショップメンバーは、秘密保持契約を結びます。情報収集のための参加はお断りします。

※いずれも、15時30分から19時30分まで(講義2時間+ワークショップ2時間:8~9回はワークショップ4時間)進捗状況によって講義とワークショップの時間配分が変わることがあります。

研修概要

対象
顧客やユーザ視点のものづくり、サービスを目指す製造業の経営者、従業員、研究者。
研修期間
平成28年7月から平成29年2月<全9回>
定員
20名
研修会場
(有)ウド・エルゴ研究所 広島市南区稲荷町5-11-1002
受講料
顧客やユーザ視点のものづくり、サービスを目指す製造業の経営者、従業員、研究者。

下記のお申込フォームより、必要項目をご入力の上、お申込み下さい。



全製品ラインアップ

  • Dr.Grip
  • Dr.Move
  • Dr.Cut
  • Dr.Click
  • コクヨDr.Chair
  • 楽腰帯Relief(リリーフ)